cafe

こんぺいとうカフェページです。

ナーオブリデコンペトゥーカフェへようこそ

ナオブライドカフェへようこそ! コンペートキャンディーを専門とする可愛らしい店で、リラックスした紅茶やコーヒーをお楽しみください。 砂糖への代わりとしてこれらの砂糖の御馳走をカフェインのあなたのコップに加えることができる、それらで小皿サイズのデザートのように食べるか、または美しいびんをつかみ、ギフトとしてそれを取る ! あらゆる年代の方々に歓迎の雰囲気をお届けするカフェです。

何を期待する

日本では常に人気がありますが、この種のキャンディを専門とする店は 2014 年ごろにしか人気がなくなりました。 この種の店がある最も共通の区域は バカリ にある。 奈緒の嫁 は、中島小倉区の北九州に独自の店舗を開設しました。 私たちは、中島通裁判所 16-2 の 2 階にいます。

2 階のスライドドアを開けると、玄関の近くに階段がある。 上の階に進むと、スペースに到着します。 カラフルな小川やかわいいもので飾られているので、雰囲気の違いにすぐに気づくでしょう。 カウンターの透明なクリスタルの瓶にあるカラフルなコネピートキャンディーの美しさを補います。 カフェの方が多いスタッフはオーナー自身が多い。

店内の内容は、レトロな西洋料理のお店にヒントを得ています。 床は黒と白で、格子模様が施されている。 テーブルは白い正方形で、脚が 1 本で所定の位置に密閉されています。 茶色の革が付いているソファの隣にそれらはある。 テーブルの反対側には明るい青色のプラスチックの椅子が置かれている。 トリートメントテーブルの最大収容人数を含め、合計 12 シートがあります。

私たちのメニュー

ナオブリデのコンピートカフェでは、コーヒー、サンドイッチ、スムージー、お花嫁など、簡単なメニューをご用意しております。 当ホテルのセレクションは小さくて控え目ですが、当ホテルでのご滞在をお楽しみください。 シンプルなエスプレッソ、モカ、ラテを作ることができ、温かい料理や冷たい料理を提供している。 私達は クラブハウス 、卵および かに のサンドイッチを一年中作る。 スムージーの味は季節によって変わります。 私たちのお気に入りはベーグルサンドイッチです。パンは、トーストしたパンに比べてコーヒーやスイーツにぴったりです。 サンドイッチはそれぞれ 700 円で販売されています。

カウンターにはコンペートがあり、クリスタルの瓶に入れられているので、お客様は輝くような輝きを目にすることができます。 これらは 10g ごとに 100 円で販売され、重量があります。 店で食べたいなら、ボウルで食事をします。 家に持ち帰りたい場合は、無料のポーチに入れても、 150 円分のきれいなボトルを購入することもできます。 各びんは こんぺいとう の 10g を握ることができ、完全なギフトを作る !

3 つの専門品目があります。 これには、上記のベーグルサンドイッチも含まれます。 2 つ目は「キングドムズロイヤル」です。 7 種類のコネピート風味のアルコールを提供するコーヒーです。 風味の衝突はブランデーの甘みおよびコーヒーの苦みによって一緒に溶ける。 カップ 1 杯あたり 900 円で販売されていますが、コンピトはスプーンで出され、お客様自身がロービームにする準備ができています。 3 番目のアイテムは、金平糖の宝石箱 です。 金属製の箱に入れて密封された店内で、さまざまな種類のコネピトを取り揃えています。 1 ケース 700 円で販売しています。

ベーグルサンドイッチ、‘キングドム・ロイヤル’、‘コンピトー・ジュエリー・ボックス’を合わせてお楽しみいただけます。 1 、 800 円でご提供しています。 このパッケージは「トレジャーボックスセット」と呼ばれ、ナオブリドカフェの貴重な宝物が入っています。

ストアには 4 つ目のユニークなアイテムがあり、「コンピートクリームソーダ」と呼ばれています。 これはアイスクリームとフルーツソーダを入れたソーダフロートです。 アイスクリームは、各種のコネピートの香りで装飾されている。 それらを一緒に混合し、遊び半分の経験のために準備されなさい ! あなたが取る各 SIP は溶ける こんぺいとう  のために新しい味である !

現在、 ナオカフェ のコンペート製品は、ニューヨーク市、アメリカ、アラブ首長国連邦で販売されています。 現在、世界のどこにいても、お客様の自宅に直接お届けすることができます。 ナオカフェの幸せを自分のリビングスペースに。

食べ物以外にも、手作りのアクセサリーも販売しています。 私達は多くの有能な 手工芸 の芸術家と関係を有する。 それらは私達の こんぺいとう  プロダクトの美を補足する宝石類を作ることができる。 これらはイヤリング、キーチェーン、 コサージュ 、移動式吊り具、および多く間で及ぶことができる!

あらゆる機会のためのギフトとして こんぺいとう 

こんぺいとうの製造には時間がかかり、糖蜜と砂糖粒の両方の材料を少量ずつ使って1つの作品を作ります。そのため、このお菓子は贈り物としても人気があります。家庭を築くには2つ必要で時間がかかる』というコンセプトを表現しています。奈緒カフェでは、中島のこんぺいとうを厳選してお届けしています。色も形もコンぺいとう業界では全種類取り揃えております!また、珍しい種類のコンぺいとうもご用意しております。他店や市場全体では見られない珍しい種類のコンペイトーもご用意しております!

コンピトウとは?

金平糖は日本ではとても有名なお菓子ですが、その正体や作り方を知らない人もいるかもしれません。砂糖と糖蜜から作られたお菓子の一種です。一般的には、表面に凹凸があったり、胴体の周りにとがったとげがあるカラフルな飴のような見た目をしています。また、色や形が普通であることから「金糸糖」「金地糖」「砂糖の花」などの別名でも知られています。

こんぺいとうの製造は、手順は簡単ですが、決して簡単ではありませんし、すぐにできるものでもありません。作り方は簡単ですが、簡単ではありませんし、すぐにできるものでもありません。これは、再現するために職人を必要とするお菓子の種類です。その品質に代わる機械は存在しません。

一粒の砂糖から一粒のこんぺいとうができあがるまでには、最低でも14日はかかります。蒟蒻飴の製造を担当する職人は、一粒一粒の管理をしなければならない。幸いなことに、この業界には奈緒の職人だけではない。全国にはたくさんのコンペイトー製造会社があるからこそ、美しいお菓子が豊富に揃っているのです。

金平糖の歴史

こんぺいとう」という言葉は、日本語や中国語の語彙には存在しません。ポルトガル語からの借用語である。ポルトガル人宣教師が1540年代に織田信長という大名に伝えた言葉です。これと並んで、カステラなどのデザートがあります。

ポルトガル人宣教師と信長公との間には笑い話がある。旅人は東方にキリスト教を広める許可を得たいと願っています。主君は日本人のキリシタン化を許し、こんぺいとうを受け入れました。信長公は甘いものが好きなので、ここにはヨーロッパのお菓子やお菓子がたくさん紹介されています。

元々のポルトガルのこんぺいとうは、今の私たちが知っているものとは少し違っていました。当時の宣教師たちは、木の実や種、果物などを砂糖を使って保存し、長旅の食料として準備していました。当時はまだお菓子として使われていましたが、今では栄養源としての重要性が増しています。これを大名が高く評価したため、日本の公家にしか出されない高級品となりました。その後、日本人が王室御用達として贈るようになりました。

蒟蒻飴の製造工程は、外国人には秘密にされていました。これは、このお菓子が地元の大名にとって今でも重要な価値を持っていることを保証するためである。しかし、日本人は2年の歳月をかけてその工程を研究しました。その間、地元の職人が多くの学生に技術を教え、大量生産を可能にしました。今でも大名に献上される高額なコンペイトーはありますが、大衆向けの安価なコンペイトーも出回っています。現在では日本のご馳走として知られているが、ポルトガル語の起源を忘れてしまっている人も多いようだ。

奈緒(NAO)とは?

金平糖のオリジナルブランド金平糖は、自社製菓と各契約工場(OEM)で開発されています。金平糖は日本全国でも有数の職人が在籍しています。金平糖業界では「低迷」も経験していますが、熟練の職人は時間と資源を有効に使う方法を熟知しています。

ナオブライドの長年の経験と技術により、窯の速度や傾き、糖蜜の吹き付け方や混ぜ方などを常に監視しています。金平糖の形は偶然ではありません。砂糖が花を咲かせているように見えるようにわざと突起をつけているのです。私たちのブランド「奈緒」は時間をかけて、美味しくて可愛らしい金平糖を優しく繊細にアレンジしています。